自作のポストカードの印刷

友人で、自作のポストカードを印刷して楽しんでいる人がいます。自分のイラストがたくさんたまってきて、形にして残したいと思ったのがきっかけだそうです。でも、プリントアウトするだけでは使い道がないので、ポストカードにしてお便りにして出せるようにしたのだそうです。今は家庭用のプリンターも性能がいいので、はがきのようなものへのプリントもお手の物です。でも、カラープリントするにはインクも必要ですし、そんなに定期的にたくさんプリントするわけではないなら、少しもったいないです。そういう人は、業者さんにお願いしてもいいでしょう。小ロットからプリントしてくれる業者さんも多いので、数十枚からお願いできます。費用も比較的お手頃で、プリンターを購入してインクを交換する手間を考えれば、業者さんに頼んだほうが合理的かもしれません。

同人誌の印刷をしてくれる業者さん

同人誌というのは、昔は限られた人しか作らないようなものでした。というのも、印刷の手間がかかりますし、原稿を用意するためにはいろいろな決まり事を勉強し、技術も必要だったからです。でも、今は誰でも簡単に本を作れてしまう時代です。業者さんもどんどん便利になって来て、多少の原稿の間違いは手直ししてくれるようなありがたいところも増えてきました。原稿の作成方法を細かく解説してくれている業者さんもありますし、ノベルティのプリントも同時に引き受けてくれるところもあります。同人誌の他に、ポストカードやクリアファイルなどのグッズを作るのも簡単です。コンビニのコピー機でコピーしてホチキスで製本するような同人誌作りも楽しいのですが、きちんと業者さんにお願いしてオフセット印刷などを試してみると、やはり本作りの楽しさをしみじみと感じます。

業者さんの印刷は繁忙期を避けよう

ちょっとしたものを印刷したいとき、業者さんにお願いすると早く簡単に、しかもきれいに仕上がります。最近は趣味で本を作る人も増えています。でも、業者さんにお願いするときは、少し時期を選んだほうがいいです。同人誌のプリントをたくさん受注しているような業者さんだと、大きなイベントの直前はとても忙しいのです。大きな同人誌イベントがない時期を選んで入稿するようにすると、業者さんも時間に余裕があるので、疑問なこともゆっくり質問したりできます。業者さんによっては、繁忙期をカレンダーで示してくれているところもあります。最近では、五月のゴールデンウィークに大きな同人誌のイベントがありますので、四月の半ばから五月の始めまではかなり繁忙期のようです。イベントに関係がない原稿なら、今の時期は避けたほうが無難かもしれません。

© 2019 A MarketPress.com Theme